日々えらぶもの

おもに実際にえらんだもの、触れたものについてあれこれ

Tシャツ加工についてnoteに書きました

f:id:finir:20181106170231j:plain

noteは読むだけだったのが、書くほうも随分使いやすくなったと聞いてひとつ書いてみました。

Tシャツ(主にバンドTシャツ)の首元がキツい方のためのズボラ加工術です。

 

note.mu

 

書いてみてnoteの使い心地に納得しつつも、書くものが少ないのに置き場所を分けるのもちょっと不毛だし、機能的にもはてなブログのほうが良いかなーという結論になりました。

普通の風景がちょっと違って見えてくる写真展 「cone and the city EXHIBITION IN TOKYO」 #coneandthecity

知人が店主をしているバーで飲んでいるとき、「ちょっとこれ見てみて」と一冊の写真集を見せられました。
「三角コーンのある風景をiPhoneで撮った写真集なんだけど」「へえー」
それって面白いのかなあ?と思いつつパラパラめくっていくと…
これが、なんとも琴線に触れるものだったのです。

 

▼奥ゆかしい三角コーン
www.instagram.com

 

▼看板と同配色、おしゃれな三角コーン
www.instagram.com

 

台北の渋い建物の前に、ピカっと三角コーン
www.instagram.com

 

▼なんというか、たまらなくなってきました。
www.instagram.com

それは大阪のアートプロデューサー谷口純弘さんが自費出版したという写真集で、ちょうど来店中のご本人の解説を聞きながら写真を眺めていきました。

その日の帰り道、道端にある三角コーンが妙に視界に入ってくることに気付きます。景色自体は変わっていないのに。

***

2冊目の写真集の出版記念で写真展をする、とお聞きした期間中に東京に行く用事があり、外苑前のギャラリーに立ち寄りました。

f:id:finir:20180609182240j:plain

「コーン写真」を撮影する際には、こんな決めごとを設けているんだそうです。

  • iPhoneで撮影する
  • 撮影時にズームやトリミングをしない
  • コーンを動かしたり、手を加えたりしない
  • 撮影した写真を編集しない

ひたすら見たまんまの風景をそのまま撮って、そのまま並べるという。
その淡々とした並びの中だからこそ、写真たちの中にさりげなくいる三角コーンの存在が浮かび上がってくるような気がします。

f:id:finir:20180609182235j:plain
ギャラリー内にも三角コーン。
広い会場ではないので、写真の中の小さな三角コーンと室内にある実物の存在感のギャップがすごいです。

 

f:id:finir:20180609182115j:plain
展示してある中で特に気に入ったのはこちら。京都の学生寮とのこと。
黄色と黒のツートーン、背後のモダンな建物とその中にある生活感。
色々な要素がある写真なのにうるさくない感じが好みです。

 

f:id:finir:20180609182220j:plain
こちらは、京都造形大学の卒業展示にて。屋根の色と三角コーンの色が合ってるなあとiPhoneを構えていたら、まるでその景色とコーディネートしたような色の服を着た学生さんが通りかかったそうです。

 

f:id:finir:20180609182340j:plain
三角コーンを大量にレンタルして行われたインスタレーション(特定の場所にオブジェなどを置き、空間ごと作品とする展示)。
これは大阪の伊勢丹、ほかにも大阪府庁や靱公園のテニスコートでの写真もありました。

最初は「何に使うんですか?」と困惑したレンタル業者さんも出来上がりを面白がってくれたとか、インパクトの割には設営撤収がしやすいとか、関わった方々が巻き込まれた結果楽しんでいるというエピソードを聞かせて頂きました。いいなあ。

 

f:id:finir:20180609182225j:plain

f:id:finir:20180609182333j:plain
写真集の横にはちいさな三角コーン。かわいい〜と眺めていたら…

 

f:id:finir:20180609182111j:plain
ペーパークラフトを頂いちゃいました!
組み立てようかこのまま取っておこうか、悩みます。

 

f:id:finir:20180609182230j:plain
1冊目の写真集「cone and the city」を購入してサインを頂き、会場を後にしました。

 

f:id:finir:20180609182133j:plain
そして帰り道では早速三角コーンが気になるわけで、会場と駅の間で思わず撮影。
レンタサイクル、ちっちゃめのコーン、車というまあまあの統一感。

 

f:id:finir:20180609182126j:plain
購入した写真集の中で特にグッときた写真。
雪国出身の皆、これ日常の光景でしたよねー!
三角コーンを楽しむ概念を身につけた途端、なぜか愛おしく思い出します。

 

f:id:finir:20180609182121j:plain
谷口さんは2010年から2000枚以上の「コーン写真」を撮るようになってからというもの、こんなちょっとした奇跡の光景と出くわす機会が増えてきたそうです。


気づいたら自分も「コーン写真」を撮ってしまうという、感染していく面白さ。
ある視点が身に付くことによって、普通の風景が自分にとって奇跡になる喜び。

あと個人的な部分ですが、大阪にいた頃の職場や自宅や得意先の近所の写真も見かけたりして「ここ分かるー!」という楽しさも加わりまして。
出歩くと面白い出会いがあるし、日々の面白がりかたの種類が増えるのって良いなあ。とつくづく実感した写真展でした。

作品自体はインスタでも観ることができますが、写真集をめくって「これ好きー」とか「なんか気になる…」とか言いながら観るのも良いですよ。


写真展の会期は明日6/10まで。
instagramでは #coneandthecity のタグから写真を観たり投稿したりすることができます。

***

谷口純弘 写真集「cone and the cityその2」 発売記念写真展
「cone and the city EXHIBITION IN TOKYO」

2018年6月3日(火)〜6月10日(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)
会場:TAMBOURIN GALLERY(東京都渋谷区神宮前2-3-24)
http://tambourin-gallery.com/tg/2018/06/cone-and-the-city2-tokyo.html

森八の干支飴(2018年・戌(いぬ))と、落雁手作り体験の話

仕事の日々に戻っている間に、気づけば1月終わっちゃう!寒中見舞いの時期ももう過ぎてしまいそうです。

今年も金沢で年始のお菓子を購入していました。特に「福梅」という紅白の梅の形の最中が石川エリアでは年始恒例の和菓子です。

その福梅も食べたけれど、このブログでは3度目となるこちらを忘れずに。

f:id:finir:20180128224131j:plain赤い縦長の包み紙。あれ?例年と何か違うような気がします。

f:id:finir:20170104150919j:plain昨年の写真を出してみました。結構デザインが変わってたんだー。新しい方も華やかで良いですね。

開けてみると……

f:id:finir:20180128224127j:plain「干支飴」なので、今年は犬柄の飴です。

f:id:finir:20180128224123j:plainちょっとずつ表情が違うのがまたかわいい。ほのぼのとした絵柄です。

f:id:finir:20180128224118j:plainころんと丸っこい黒糖味の飴は今年もおいしい。食べるのがちょっと惜しくもありますが、写真を撮って記録すると後でも楽しめる。

ブログは読んでくれた誰かの役に立つこと、もしくは面白く思ってもらえること、プラス自分の記録のためにやっているんだなあと思います。それらが全部満たせたら最高ですね。

 

過去の干支飴の記事はこちら。

finir.hateblo.jp

finir.hateblo.jp

販売期間は例年、12月の初頭から1月中旬頃。

今年は終了していますが、オンラインでは森八の公式サイト金沢百番街 楽天市場店などで購入できます。

 

そうそう!昨年、森八本店での落雁手作り体験と、体験料金に付いてくる店内の「金沢菓子木型美術館」の見学をしてきました。

徳川家にも献上されていたという森八のお菓子「長生殿」と同じ配合がされた材料で作るという、和菓子の街・金沢っぽい体験。事前予約制なので混雑とも無縁です。

金沢観光を検討されている方には、とてもおすすめです。

www.morihachi.co.jp

2017年のよかったもの

今年もよろしくお願いします。

年末年始に「買ってよかったもの」のエントリを沢山読んで面白かったのと、特に卯野さんのブログを読んでいいなあと思ったので真似しました。普段日記をつけないし、確かに自分用ログをつけておくのは振り返りに良いので。

nerumae.hateblo.jp

 

買ってよかったもの

・イヤリング2種 

オレンジのほうは帰省のたびに寄る盛岡のRirieさんで購入、60-70年代(推定)アメリカ製。嬉しくてそのまま着けて遊びに行きました。大きいので服装を選ぶかと思いきや意外とそうでもなく、良いアクセントになります。

アイボリーのほうはPASS THE BATON表参道店で購入、80年代日本製、ACCESSORY MUSEUM出品のもの。先に手に入れたオレンジのほうをこの日も着けていて「耳に大きい花ブーム」がきていたので、うわーこちらも良さそう……と試着したら即決でした。満足したし続けて買っちゃったのでアクセサリーを増やすのはしばらく自重しないとね、と思っています。

 

・DM's LITE NEWTON

※ツイート中の「約1/3まで軽量化」は誤りです。正確には「1/3の重量を削減」とのこと

Dr.Martensが2016年に発売した軽量シリーズ「DM's LITE」の第一弾「NEWTON」の8ホール。
発売時のキャッチコピーは「THE NEXT REVOLUTION」。以前マーチンのブーツを重さが理由で履かなくなってしまったことがあるので、その自信は体感したいと思って試着したらもう軽くてびっくりでした。いずれまとめて書きたいです。

同じような理由でマーチンを履かなくなった人を呼び戻すアイテム。(実際この話を知人にしたところ、その後すぐ買ったよーと言われました)

・ANNAKの折り紙ウォレット

f:id:finir:20180107023105j:plain
これもいずれ、使用感や変化も含めて細かく書きたい。お財布をコンパクトにしたい!という長年持っているテーマ(趣味かも)で調べて気になっていたものです。直営店が週2営業なのでなかなか東京に行くタイミングと合わずしばらく「都内の行くとこリスト」の一番上にメモして機会を伺っていたのですが、その甲斐もあって良い買物でした。

 

・iPhone7

長らくのAndroidから変えてみました。年末にAppleで購入したら、1/2の初売では6000円分のギフトカードが付いたという……こういった買物を検討するときはタイミングも大事ですね。 

 

聴いてよかった音楽


Common At The White House: NPR Music Tiny Desk Concert

2016〜2017年によく観ていた動画。この「Tiny Desk Concert」は小さな部屋で演奏するリラックス感が楽しいシリーズ、しかしこのCommonの回はホワイトハウス収録という特別版。生バンドで演奏されるヒップホップが美しいです。

 


in FAM step Sweet Moment Music Video

宇都宮在住のバンド。ジャケがかっこいいファーストアルバムの中で、特にこの曲の今っぽいリズムとラップとヴォーカルの組み合わせが好きで聴いています。 

 


[Official Video] Unlucky Morpheus - 「Black Pentagram」

通称あんきも、日本のメタルバンド。いくつも聴きどころのあるドラマティックな曲展開と強い歌声、構築感のあるギターソロ。すっかり気に入ってEPとライブ盤を買いました。この演奏力、生で観る機会を検討しています。

 


筋肉少女帯「エニグマ」MV  (2017年10月25日発売AL『Future!』収録)

好きなアーティストほどうまく紹介できない(のであまりしない)のですが、再結成から10年を過ぎたこの年、これまでの全作品の中でも指折りの名作と言えるような新作が登場して驚いています。嬉しい!

 


RHYMESTER - 梯子酒 (Short)

<1/10追記> RHYMESTER - Back & Forth (Live) (J-WAVE LIVEの公式動画)を貼っていたのが公開終了してしまったようなので「梯子酒」貼ります 

新作「ダンサブル」、収録時間40分。何度もリピートできる軽やかさの中にも、やったる感のある強いリリックの曲からお得意のお酒失敗系の曲、芳醇なポップス曲までカラフルに入っています。作業しながら延々と聴いてた一枚。


打首獄門同好会「布団の中から出たくない」

いつも曲の題材が素直すぎるほど素直な生活密着型ラウドロックバンド。曲のキレと映像のマッチングが今回特にすごいです。コウペンちゃんかわいい。

あと、あっこゴリラの曲を聴こうと思ってSpotifyを使うようになった年。そのほかではGALNERYUS和楽器バンド、P.O.P、GoGo Penguin、シンリズム、Rhye、TLC等々よく聴きました。

 

行ってよかった催し

普段はライブばかり、特に2016年はTHE YELLOW MONKEYを各地に観に行くことに集中していたので、2017年はそのぶん我慢していた他のジャンルの催しと筋肉少女帯のライブを中心に遠征しました。

DAVID BOWIE IS

この記事も気に入って何度も読みました。

大人気の『DAVID BOWIE is』。交渉担当者が明かす開催秘話! – J-WAVE 81.3 FM JK RADIO TOKYO UNITED

 

・歌舞伎「今様三番三(いまようさんばそう)」「隅田春妓女容性(すだのはるげいしゃかたぎ)」

 

ほかには浮世絵ねこの世界展、ミュシャ展、フランス人間国宝展。満喫しました。

sendai.keizai.biz

 

そのほか楽しんだもの

けものフレンズ

すっかり好きになって何周か観ましたが放送終了後の展開に悲しくなり、アニメを好きになるのも悲喜こもごもなのだなあ……と勉強になりました。

 

ガンダム

全く観たことがなかったので、様々なカルチャーに影響を与えている原典に触れよう!と「機動戦士ガンダム」「機動戦士Zガンダム」各テレビシリーズを鑑賞。夏期集中講座、とか言って見始めたのが、合わせて90話強を観終わる頃には晩秋になっていました。これが子供向けだったんだ!?という驚きもありつつ、とても見応えがありました。

 

・同人誌「悪友」とオタ活関連

Twitterで知った同人誌「悪友」が面白くて周囲にかなり薦めました。

twitter.com

「インターネットで言えない話」が一冊ごとに異なるテーマでまとめられたもの。特に「Vol.1 浪費」では寄稿している方々がそれぞれの「推し」のジャンルや人物にお金と愛を注ぎ込む様子とその背景が綴られていて、読んでいてわかる!わかる!の連続でした。

そこから派生した記事や「オタ活(オタク活動)」を題材にした記事をよく読んだ年でもありました。

・「インターネットで言えない」オタク女子の果てしない浪費の実態 #2 | 文春オンライン

・道重さゆみに心臓を捧げた私が関ジャニ∞に10万円使うまでの3日間の話 - 理屈にできれば楽だけど

・年間150公演以上も足を運ぶ、2.5次元舞台オタのお金と時間の使い方 - マネ会

・遠征好きアイドルオタクに聞いた、どこからが遠い?調査結果

・ジャニーズJr.に認知された感想

・ジャニヲタがたどり着いた究極の「双眼鏡」と「スワロフスキーうちわ」の話 - それどこ

新刊「東京」も楽しみです。

 

「MATCHA」で書いた、大阪ミナミの紹介など7つの記事

f:id:finir:20171227132255j:plain

前回の更新からまたすっかり月日が経ってしまっている当ブログですが、 仕事がちょっと一区切りしたのでそのうち書こうと思っていたものを載せますね。

2014年、訪日外国人観光客向けWebマガジン「MATCHA」でいくつか記事を書いていました。

ライター募集に手を挙げて書かせて頂きましたが、サイトの立ち上げからまだ日が浅かったためか、いま公開されている条件よりもシビアな条件が出てきたりして。求められる作成ペースと仕事や生活のペースも合わなくなり、ほどなく記事作成を辞退することとなりました。

そのまま大阪を離れ、色々な理由で今後も書くことは無さそうです。ただそのときの記事の反応が良かったことは嬉しかったし、記事の書き方について教わったことは良い経験でした。当時の担当さんも既に他のメディアに移られていますしきっとこの記事を読むこともないだろうと思いますが、ありがとうございました。

というわけで、めっぽう前の話ですが、書いた記事へのリンクをまとめておきます。

記事7件、あまりお時間のない方には最後の2件がおすすめです!

 

<2014年4月>

  • 心斎橋の喧噪の裏で珈琲を。「DANKE」でバターブレンドコーヒーを味わう

matcha-jp.com

最初に書いた記事。スマホ撮影でほの暗い店内の雰囲気がうまいこと撮れなかったのは、今でも直したい気持ちがあります。

バターブレンドコーヒー、美味しいパンで作られるサンドイッチ、クッキーやコーヒーゼリー……本当に美味しいものばかりの喫茶店で、昼休みに気軽に行けた当時の自分が羨ましいです。なぜかコーヒーに合う豚しゃぶサンドとか、深夜でも美味しいコーヒーが飲めるとか、おすすめしたくなる点が多いお店。

 

  • 全フロアで電源とWi-Fi完備!心斎橋で歩き疲れたら、路地裏の「アジアンティー 一茶」で一息

matcha-jp.com

「電源とWi-Fi」よりも「繁華街の路地裏にあるオアシス的なお店」として紹介をしたかったので、提案された記事タイトルに賛成しかねたもののしぶしぶ了承したもの。こちらも初心者ですし、メディアで書くってそういうことでもあるかー仕方ないか、と。実際このタイトルの方が引き自体は良さそうですね。

心斎橋で働いていた頃は、週1〜2くらいお昼にここでぼーっとストレスを薄めていました。素朴な甘さのマーラーカオをホールで買って差し入れに使ったこともあります。大阪を離れた後も2016年に再訪しましたがお変わりなく、のんびり過ごすことができました。

毎回好んで座っていた椅子は自分でもいつか手に入れたいなーと思っていて、それはカリモクのKチェアだとあとから知りました。

f:id:finir:20171227125607j:plain よく食べていたのは鶏そぼろ丼+ミニトマトのコンポート+飲みもの(安渓鉄観音茶かジャスミン茶をよく選んでいました)のランチセット650円。お茶はポットで提供、夏は氷の入ったグラスで冷やしてごくごく

 

  • アメ村の集合場所「三角公園」で、たこ焼きを食べ比べながらビールを満喫!

matcha-jp.com

このあたりから、初心者なりですが一眼レフを導入しています。「甲賀流」の袋や包装紙の写真、こういうのも撮っておくと味になるんだなあと思いました。

有名店「わなか」を入れていないところは反省点です。

f:id:finir:20171227125602j:plain 缶ビールも買って撮影、しかし昼休み中なので開けずに雰囲気だけ。たこ焼きはこのあと会社の後輩と食べました

 

<2014年5月>

  • 24時間いつでも路上で立ち食い。難波の「金龍ラーメン御堂筋店」

matcha-jp.com

夜に映えるギラギラ感は良いのですが、それ以前に写真の角度を補正したいところです。お恥ずかしい。

大阪の、日本の中でも雑多で力強いアジアっぽさを感じる場所のひとつだと思います。今でもたまに無性に食べたくなります。(4記事連続で飲食系ですね)

f:id:finir:20171227125552j:plain 盛岡から大阪に越して思ったことのひとつが「とんこつラーメン屋さん沢山あるなあ……」でした

 

<2014年6月>

matcha-jp.com

大阪にも中国からの観光客の方々が激増しつつある時期にあって、「訪日外国人観光客向け」のメディアとして現地の使える情報を載せたいという使命感で提案した内容です。誰かのお役に立っていればいいなあと思います。

f:id:finir:20171227125557j:plain 懐かしの書店アセンス前。このあとビルの建て替えで長期休業の後、1階はドラッグストアになりました

 

  • 幻想的な夜のお寺と、情感あふれる横丁へ。難波「法善寺」

matcha-jp.com

大阪市内の名所の中では案外知られていない印象のある場所なのですが、夜に訪れた際の独特な雰囲気がそれはもう素敵で、写真に収めて記事化できたのはやった甲斐があったなあと思っています。

夫婦善哉」は石川さゆりさんの曲の題材にもなっていて、記事を書く前にはこの曲のほうしか知りませんでした。調べて元の小説を読んでからまた足を運ぶと、周囲の繁華街からふとお話の世界に迷い込んだように錯覚できて更に楽しめました。

f:id:finir:20171227125546j:plain 夜の参拝はなんとも特別な感じがあります 

 

  • 【雨の日】季節を目と舌で満喫する、梅雨時の和菓子6選

matcha-jp.com

最後に書いたこの記事が一番気に入っています。

キタへミナミへと大阪市内の百貨店を巡ってチェックして購入して、勤務先の会議室で終業後に撮影する日々でした。笑顔で「それ面白そうやなー」と黙認してくれた当時の上司にも感謝!しています。

そのブツ撮りも試行錯誤しながらでしたが、工夫がうまくいくと対象物の良さが引き立つことにも新しい喜びがありました。

数年間昼休みや終業後に心斎橋を日々ぶらぶらして、特に大丸にはほぼ毎日寄っていた成果?がこういう形で残せて、書いたあとにもしばらく好意的な反応が続いたのも嬉しい記事です。 

f:id:finir:20171227125658j:plain すんごい色のインパクトに引き込まれました

-----

やっとまとめることができて、すっきりしました。

ブログを始めた頃の「ものが好き」「紹介したい」という思いは全く変わっていないので、来年はもうちょっとは書きたいと思ってはいます。写真も溜まってきたし。

読んでくださった皆さま、どうぞよい年末年始をお過ごしください。