読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々えらぶもの

おもに実際にえらんだもの、触れたものについてあれこれ

和菓子と真鍮のきらめき/hagumuのバングル

予算:5000円~10000円 分類:身に着けるもの 用途:自分用 季節:秋

f:id:finir:20170115142040j:plainPASS THE BATON MARUNOUCHIは、天井の高い小さな空間に新旧のアクセサリー、服やバッグ、うつわ類などが並ぶ「現代のセレクトリサイクルショップ」PASS THE BATONの一号店。

NEW RECYCLEをコンセプトに、
個人から集めた想い出の品物や、
すごく愛用していたけれど今は使わない、でも捨てるのは惜しい。
そんな品物を、大切に使ってくれる次の方へ、
持ち主の顔写真とプロフィール、
品物にまつわるストーリーを添えて販売します。

高級品や低価格な品物だけを販売する
従来のリサイクルショップではなく、
個人のセンスで見いだされた品物や、
使っていた人物の人となりが伝わる品物を扱う
新しいリサイクルショップです。

公式サイト「Concept」ページより)

仕切られたコーナーごとに色々な上等なものが少しづつある、例えるなら松花堂弁当のようなお店(語弊があるかもしれませんが)。店内の品物を見るのがとても楽しく、東京駅から徒歩圏内なのも便利でよく立ち寄ります。

www.pass-the-baton.com

***

昨年見るたびに気になっていた、真鍮や緑青のモチーフが付いたアクセサリーのコーナー。モチーフは千鳥、梅の花、松、亀、ひょうたん、といった型取りがされています。
松とか亀まであるとは、純和風なコンセプトなのかな。
コーナーの解説文を見ると「hagumu(育)」というブランドで、和菓子の抜き型で型を取っているとのこと。

……和菓子の型!
そこからアクセサリーにするなんてちょっと思いつかない発想です。しかもそれが案外ちょうどいい大きさ。

その中でひとつだけ、何の形なのかわからないモチーフがありました。和菓子というより紋章にでも使われていそうな、りりしい形。いいなあ。f:id:finir:20170115142039j:plainこれなんだろ?
手に取ってタグを見たら「かきのへた」とありました。

??

かきのへた……

そっか!
柿を模した上生菓子に乗っている、あの「へた」の部分ですかー。

この形!
あの格好良い姿が「かきのへた」だったとは、ますます意外です。

せっかくなので好奇心から試着してみたところ手首にしっくり収まる気がして、それから行くたびに悩むこと数回。その間、コーナーにある他のアクセサリーも少しずつ減っていきます。
これだけ気になるんだ、やっぱ買おう!今年頑張ったし!と、年の瀬に(やや強引に)思い立って購入しました。

f:id:finir:20170115142038j:plainシルバー系とゴールド系のアクセサリーは同時に着けるとコーディネートがバラける気がするので、どちらか一方にまとめるのですが。このバングルはどちらの色味のアクセサリーにも合わせやすいのが、使い始めて気付いた良いところ。

コーナーにはシルバーのバングルや指輪の他、カラフルな帯締め組紐に真鍮のモチーフが付いたブレスレットも並んでいました。着物に合わせても可愛いだろうなー。公式サイトに写真があります。

ちなみにこれらのアクセサリーそのものはリサイクル品ではありません。

使われなくなった銅葺瓦や、真鍮製品の端材を素材として使用しています。

公式サイトより)

とあり、きっとその出自がこのお店のコンセプトと合致していて取り扱っているのだろうなと思います。

www.hagumu.com

***

またPASS THE BATON MARUNOUCHIには、昨年あたりからかな、アクセサリーの私設美術館「ACCESSORY MUSEUM」提供のシルバーアクセサリーを量り売りするコーナーもありまして。

見て、手にとって、量ってもらって……という流れが楽しくて、結構買ってしまいました。こちらも重宝しています。

行くたびに品揃えが変わるのも、リサイクルをメインに扱うお店ならでは。様々な時代の品物たちを見に、また行きます。

***

このPASS THE BATONやSoup Stock Tokyoを手がける会社「スマイルズ」の社長の本も面白いです。もし今自分が就活生だったら採用試験に申し込むだろうな、と思う魅力的な仕事の仕方。

手のひら大に詰まった軽やかさ/不室屋の「ふの福袋」

予算:1000円~2000円 予算:500円~1000円 分類:食べもの、飲みもの 用途:自分用 贈る相手:家族

年始のものは年始っぽさのあるうちに書いておきましょう。

金沢の初売りでは福袋もひとつ購入しました。福袋なんて何年ぶりかなあ。f:id:finir:20170106160104j:plain
以前こんな記事を書きました。

finir.hateblo.jp

この「宝の麩」や賞味期限が当日中の「麩まんじゅう」、それにサクサクが止まらない「おやつ麩」も買わないとねー、と不室屋さんに向かったところ、店頭には見慣れないピンクの袋が。

手のひらサイズだし、お麩なので持ち上げてもふわっと軽いし、何より贔屓のお店の縁起物。これも購入してみました。お値段は税込1,000円。

中身はこのとおり。f:id:finir:20170106160105j:plain袋の紐が結べるぎりぎりまで目一杯入っていました。お麩も割れ物だし、詰める人は大変だったんじゃないかなあ。

次々と取り出すと、定番のお麩や華やかな加工麩。「宝の麩」は年始にだけ販売されている「福うめ」です。

左下のリーフレットには、それぞれのお麩の調理法が載っています。あれこれ使っておいしいもの作ろう。「お麩研究部」のレシピを参考にしてもいいかも。

ofuken.com

***

学生の頃は好きな服屋さんの福袋を買って中身を友人や親類と交換したりもしたけれど、最近は「わくわく感」よりも「好みでないものの使い道に悩む面倒さ」が勝って、滅多に買わないようになりました。

その頃には興味がなかった食品の福袋。現実的で生活感があるかもしれませんが……大人になった、と言い換えておきます。大人の生活のわくわくを買うのも悪くないですね。

www.fumuroya.co.jp

今年もお年賀に/森八の干支飴(2017年・酉)

予算:~500円 分類:こども 分類:持ち歩くもの 分類:食べもの、飲みもの 季節:冬 用途:手みやげ 用途:自分用 贈る相手:ちびっこ 贈る相手:友人 贈る相手:家族 贈る相手:得意先・訪問先 贈る相手:恋人

f:id:finir:20170104150917j:plain初売りに行ってきました。ここ数年は金沢で、一年の最初の買い物をしています。

北陸新幹線の開通後、年末年始の混雑も体感では数倍。帰省しやすくなったひとも多いのかもしれません。一昨年は12/30に街中で飲もうとしたら、10軒くらい連続で満席だったり。……ゆったり歩くのが楽しい街なので、ピークにぶつからないように行くのがおすすめです。
(でも、人が一番多いお盆と年末年始を敢えて無料開園日にしている兼六園の太っ腹さもかっこいいなあとも毎年思います。)

話を戻しまして。まずは数年前に買ったきり、うっかり見逃していた年始のお菓子を買いました。f:id:finir:20170104150919j:plain

「御年賀」の包みでおなじみ、森八の「干支飴」。今年はもちろん、f:id:finir:20170104150918j:plain酉年なのでにわとりの絵柄です。かわいい。

今回は自分用に購入。仕事始めの今日から一個ずつ口にしつつ身体を動かして、徐々に年始モードから日常モードに戻していきます。

昨年は新しい仕事に挑戦したり挫折したり、全力で遊んだり身体を壊したり。波のある年でしたが、悔いの無い年でした。
今年も良い年でありますように。f:id:finir:20170110123456j:plain以前に購入したのは3年前だったようです。

finir.hateblo.jp

立ち寄った店舗では売り切れていましたが、十二支がカラフルな飴になった「干支 福あめ」も華やかな可愛らしさです。
morihachi-shop.com

今年も不定期更新ですが、続けていきます。
よろしくどうぞ。

この柔らかさをどう伝えよう。白亜器の個展「掌のなかで」

予算:1000円~2000円 予算:2000円~3000円 予算:5000円~10000円 予算:500円~1000円 分類:そのほか 分類:キッチン 分類:雑貨 分類:食卓 用途:プレゼント 用途:自分用 贈る相手:友人 贈る相手:恋人 贈る相手:猫好き

数ヶ月前に「猫徳利」なる写真をTwitterで見かけて非常に気になり、実物を見てみたいなーと機会を伺っていました。陶器のうつわや猫雑貨を作られている「白亜器」さんの作品です。

 

今月頭の東京滞在中、南高円寺のカフェギャラリー「mo mo mo」で個展が行なわれていると知り行ってみました。賑やかなパル商店街から路地に入り、各種小さなお店とスーパーとが向かい合うあたりに到着。途中、古着屋さんの前を通るたびに目移りします。f:id:finir:20161116235933j:plainf:id:finir:20161104162032j:plain

カフェなのでまずは飲み物を。このカップも白亜器さんの「たまごカップ」だそうです。さらさらとなめらか、卵の殻のようなずっと触っていたくなる手触り。サイフォンのコーヒーおいしいです。f:id:finir:20161104163126j:plain

だんだん日が落ちてきました。一息ついてから店内を見学します。

夕日が差し込んで居心地の良い時間。目の前には、上が淡い水色/下がみたらし色の品の良いお猪口。
(以下、写真OKのとのことでスマホで撮っていますが、作品についてはもっともっと良い写真をweb上でたくさん見ることができますので公式サイト画像検索がおすすめです)f:id:finir:20161104165026j:plain

置物「つるしねこ」たち。f:id:finir:20161116235930j:plainf:id:finir:20161104162957j:plain

 奥の棚には「たまごカップ」。f:id:finir:20161116235928j:plain

その他、柔らかい白、たまに黒のうつわも並びます。f:id:finir:20161117123839j:plain

店内中央には猫の大物「猫香炉」が鎮座。上半身を開けると、おなかの中にはお香立て。お香を焚いて上半身を被せると、口から煙が ぷか〜… と漂うという作品。存在感抜群です。(売約済みでした)f:id:finir:20161116235931j:plain

中はこんな感じです。焚いているところは見ていませんが、良さそう。

 

そして、猫徳利ともご対面。お隣には猫がくつろぐお猪口も。f:id:finir:20161116235927j:plain
そーっと触ったり持ち上げたり見つめたりしました。かわいい……。
掲げているお猪口?の底には穴が空いていて猫と一体のとっくり型。茶色の模様部分だけつるっとした手触り。ぽてっとした体型にこの姿勢や表情、なんとも言えない健気さです。f:id:finir:20161116235929j:plain
猫香炉も猫徳利も、造形の良さと発明の要素が組み合わされているところが唯一無二の良さだなあと感じます。

ほかの一角には猫の箸置きたち。f:id:finir:20161116235926j:plain

あれもこれも欲しい。散々悩んで、今回はシンプルなボウルをひとつ購入しました。f:id:finir:20161117123841j:plain両手で持ったときすっぽり収まる大きさと丸さ、そしてたまごカップと同じ手触りの良さ。クリーム色がかった白い柔らかい色。おやつを入れたりして使おうと思います。

店内に掲示されていたこちらの文も気に入ったので、まずはうつわだな、と。f:id:finir:20161117000420j:plain

猫徳利にもやっぱり強烈に惹かれるので、もうちょっと検討してみます。f:id:finir:20161117123840j:plain

個展は既に終了していますが、実物の質感や存在感がまたいいので、いずれまた目にする機会も見つけたいところです。そのときは誰か誘って行こうっと。

hakua-ki.jugem.jp

まっくろ鉄製やかんで湯沸かし/南部鉄瓶

予算:5000円~10000円 分類:キッチン 分類:食卓 季節:秋 季節:冬 用途:プレゼント 用途:結婚祝い 用途:自分用 贈る相手:友人 贈る相手:家族 贈る相手:酒好き

生まれも育ちも盛岡で、南部鉄器は小さい頃から身近なものというより…そこらへんにあるものでした。
小学校の卒業記念品が南部鉄器のペン立てだったり。
家に南部鉄器のたこやき器があったり。
会社や学校の応接間には、必ず南部鉄器の大きな灰皿が鎮座していたり。
(こんなの)

まっくろ、ずっしり、ごつごつしたそれらに特に愛着はありませんでしたが、地元を離れて身近で見かけなくなってみると、妙に愛おしく見えるようになってくるんですね。

以前プレゼントで使った急須も可愛かったし、近年ではカラーの鉄器も増えてデザインや色の幅もぐっと広がっています。そろそろ自分用の鉄瓶を買ってみようかな。
やかんの割にはお値段も張るし長く使えそうなものなので、帰省の度に工房やお店を少しずつ見て回ること数年。やっと購入したのが2014年春のことです。

f:id:finir:20141215234442j:plain

地元の伝統工芸やお菓子の工房を集めた施設「盛岡手づくり村」にある藤枝工房さんで、小ぶりな「7型あられ」(0.9L)を選びました。
南部鉄瓶には使い方にいくつかコツがあります、それさえ守れば一生どころか何代も使えるよ〜と長口上のような説明を聞いて購入。

それから2年半、ほぼ毎日快適に使っています。じっくり検討して良い買い物ができました。
検討する際のポイントが色々あるのと、それがまとめられている記事がネット上には案外少ないのでは?と思い、購入品の感想とともに書いてみます。

えらぶ際のポイント

お湯を沸かすのか、お茶を淹れるのか

「鉄瓶」と「急須」はどちらも「南部鉄瓶」と言われがちなのですが、このような違いがあります。

鉄瓶(=やかん)
 見分けかた:内側にコーティングなし(鉄そのまま)
 色:黒のみ
 価格帯:家庭用で6千円台〜3万円くらい
 直火:可(弱火のみ)
 特徴:使い方によっては錆びやすい、お湯に鉄分が溶出することで鉄分補給できる(らしい)

f:id:finir:20141215234445j:plain 鉄瓶の本体内側(使い始めて1か月後)

急須(またはティーポット)
 見分けかた:内側にホーロー加工(つやつやしてます)
 色:黒のほか、パステルカラーなど豊富。
 価格帯:家庭用で5千円台〜1万2千円くらい
 直火:不可
 特徴:錆びにくい
 ※一部「急須・鉄瓶兼用」という商品があり、鉄瓶の特徴と同じ仕様です

f:id:finir:20141215234452j:plain 急須の本体内側(ホーロー加工)

今回はお湯を沸かす用途のため「鉄瓶」に絞って探しました。

サイズと重さ、実際の容量、デザイン、価格

サイズと重さ
購入品はサイズ17.5×15×17cm、重さ約1kg(蓋0.2kg、本体0.8kg)。
なにせ鉄製品なので、大きくなるほどずっしり重くなります。普通の鍋とル・クルーゼやストウブの重量感の違い、といえばわかりやすいでしょうか。個人的には満水でも片手で普通に扱える重さのほうが使い勝手が良いので、実際に持ってみる経験をしてから購入することをおすすめします。(このあたり後述します)

実際の容量
購入品は0.9L。ただし購入時に「満タンでなく8〜9割くらいの水量で沸かしてね」との説明があり、一度に沸かすことのできる水量を量ったところおおよそ0.65L〜0.7Lでした。これより多いと沸騰した際に注ぎ口から吹き出して来ることがあるので注意です。
目安はお茶やコーヒーだと約3杯分、スープだと2杯分、カップラーメンだと1〜2杯分。
また、店頭で見かける鉄瓶は1.2L~のものが多いです。

デザイン
初めてなので、南部鉄瓶といえばコレ!な定番のひとつ「アラレ」を選びました。

価格
購入品は税込8,500円(当時)。
鉄瓶の価格は1L前後のもので6千円台~10万円台以上…と、かなりピンキリ。高価なものは職人の手によるものであったり、茶道や観賞用などにも用いられるようです。家庭用と思われるものは3万円台くらいまで。

 

使ってみて

コツが要る点

やっぱり重い
購入品は本体重量0.8kg、これに水を入れると1.5kg(未開封の1.5Lペットボトルを連想するとわかりやすいかも)。まだ片手で扱うことができますが、更に容量の大きいものになると本体+水の重みが増すので扱いが手軽ではなくなりそうです。

鉉(つる:持ち手)が熱い!
鍋つかみ等を使って持ちますが、つるが細めでスルスル滑りやすいのでしっかり握らないと危険。慣れてからは問題無く使えています。
高級なものだと、つるの中が空洞に作られていて熱くないものもあるそう。

錆びやすい?お手入れが面倒?
鉄瓶の欠点として「錆びやすい」ことが挙げられますが、これも使い方のコツさえ覚えれば錆びさせずに使えます。 写真を撮ってみました。
f:id:finir:20161025125846j:plain1.お湯を沸かしたら

f:id:finir:20161025125845j:plain2.お湯を全部注ぎきってしまえば、内側は余熱で乾いていきます

f:id:finir:20161025125844j:plain3.どんどん乾いて

f:id:finir:20161025125843j:plain4.数秒〜数十秒で、からり。念のためしばらく蓋をせず置いておけば更に錆び知らず
といった具合。 

良かった点

お湯がやわらかい
鉄瓶で沸かしたお湯はまろやかな口当たり。使用していくことで内部に赤い斑点や白い湯垢が付着し、お湯を美味しくしていくそう(こうして「育てていく」という言い方がされています)。よく言われる鉄分補給についてはあくまで補助的なものだそうなので、おまけのように捉えています。

容量がちょうど良かった
片手で扱うことができて、お茶やそのほかの用途にも合う容量でした。
ちょうどバルミューダの電気ケトルも600mlの容量と知って、これは同じような感覚だなと納得したところです。

燗酒にも合います
ふと思いついて、お燗をつけるのに使ってみたところ…
f:id:finir:20161026231729j:plain
渋い!ぬる燗おいしい!
更に愛着がわきました。

 

瓶敷も揃えると、なおよし

これは鉄瓶と同じ鉄製の敷物、いわゆる鍋敷きの役割を果たすもの。「瓶敷」「釜敷」「トリベット」と呼び名や用途は少しずつ違いますが、鉄瓶や急須と揃えると使い勝手と見た目が更に良くなります。価格帯は2000円〜5000円くらい。

我が家では岩鋳のトリベットを使用しています。結婚式の引き出物で頂きました。f:id:finir:20141215234448j:plain

f:id:finir:20141215234451j:plain足の部分にはカバーが付いていて、テーブルを傷つけずに使えるようになっています。

f:id:finir:20141215234447j:plain異なる製造元の鉄瓶と合わせても違和感がありません。

今っぽいデザインのものや、カラーの急須に合わせたカラフルなものもあります。

実物を見て選ぶなら

特に鉄瓶を購入する場合、実物をいくつか見たり手に取ってみることを強くおすすめします。普通のやかんとは重みが違うので、大きいものだと重くて使うのが億劫になるかも。このことを踏まえて、普段の用途に合いそうな大きさを判断して購入する方が失敗が少ないと思います。

東京都内のお店で探すなら

百貨店や雑貨店の売場を十数箇所見てみました。その中で特に品揃えの良かったお店についてざっくり書いてみます。(2016年夏時点。現在は変わっている可能性もあります)

渋谷
東急ハンズ渋谷店:鉄瓶も急須も豊富。鉄瓶はシンプルなもの、急須はカラー中心。南部鉄器の鍋やスキレットも。
渋谷ロフト:カラーの急須中心、色味もデザインも可愛い雑貨的な品揃え。

新宿
新宿タカシマヤ:同一フロアにある「台所用品売場」と「暮らしの工芸品売場」のそれぞれに豊富な品揃え。鉄瓶も急須もそれぞれ10種類以上。たこ焼き器や鍋類もありました。

銀座
ラオックス銀座本店:「国内最大規模の南部鉄器コーナー」と宣伝している通り、鉄瓶も急須も数十種類。瓶敷も10種類以上あります。
銀座三越:急須中心。輸出用に生産されヨーロッパで人気となり、カラー急須人気の火付け役になったアンシャンテの商品が多めです。

そのほかの地域で探すなら 

岩手県内で工房を見て回るとそれぞれの特徴が見られたり説明が聞けたりして良いのですが、そうもいかなければ各地の百貨店や東急ハンズへどうぞ。鉄瓶はキッチン用品コーナーにひとつは置いてあることが多いです。

-----

f:id:finir:20150706231835j:plain普段はキッチンに出したまま。それでも黒一色の見た目がうるさくないし、お湯がしゅんしゅん沸いていく音も良いし、とても気に入っています。

「丁寧な暮らし」みたいなことはさっぱりできないタイプですが、好みのものが日常生活の中にあると機嫌よく生きていけるんだなあ、と購入から2年半後にも実感している買い物です。この記事が、購入を検討している方にもお役に立ちますように。