日々えらぶもの

おもに実際にえらんだもの、触れたものについてあれこれ

長く使えるシンプルな革バッグ/TRION(トライオン) の ボストン

トライオンは、野球グローブなどの製造販売から、グローブ製造時に出る残革を利用して鞄の製造も始めた…という面白い出自を持つ大阪の会社。現在もスポーツ用品の事業とバッグ事業の両輪で運営しているそうです。

その、グローブの残革を利用したという「PW(パッチワーク)シリーズ」のボストンバッグを持っています。

f:id:finir:20140324124606j:plain

しっかりした厚みの皮革で、1~2泊程度の荷物であれば大体収まる容量。

f:id:finir:20140324124838j:plain

ファスナーは両横の下部まで、がばっと開きます。

f:id:finir:20140324125015j:plain

購入したのは6~7年前。当初は写真よりも強めの黄色だったのが、だんだん落ち着いて自然なパステル調に。硬かった革も馴染んで使い心地良くなってきました。

価格はたしか13000円ほど。ずいぶん買いやすいお値段だなあと思い、成り立ちを知って納得したのを覚えています。

 

経年による色や質感の変化についてはこちらが参考になります。

パネルレザーの色が一箇所ごとに少しずつ違う変わりかたをしていくところがパッチワークならでは、このシリーズのチャームポイントです。今後も変化を楽しんでいけそう。

 

現在の同シリーズの一覧はこちらですが、ボストンバッグは取扱い終了しているようです。うーん残念。 

下に貼ったリンクのようなトートバッグは落ち着いた色のものも多く、仕事中らしき男性が持っているのをたまに見かけます。かっちりしたスーツ以外の服装であれば、公私ともに使えそう。

男女兼用できるデザインも大きな魅力ですが、しっかりした作りだけに重さも少々あるので、特に女性には実際に手にしてみての検討をおすすめします。

 

大阪・本町の本社1Fに直営店舗があるほか、東急ハンズなどでの取り扱いがあります。ブランドのFAQページから、関東での取り扱い店一覧も参照できます。