読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々えらぶもの

おもに実際にえらんだもの、触れたものについてあれこれ

スマホサイズで携行、六種のミニ薬味/八幡屋礒五郎 の どこでも七味

この春、大阪から長野市へ引越し。北陸新幹線の延伸開業や七年に一度の善光寺ご開帳というタイミングで賑わう中、まずは街をぶらぶら歩くことから始めてみました。そのとき見つけたこれが、友人知人へのささやかな贈り物として重宝しています。

f:id:finir:20151126223341j:plain

(手持ちのスマホXperia UL」と、厚み以外ほぼ同じ大きさ。)

 

善光寺の門前に店を構える七味唐辛子の老舗、八幡屋礒五郎(やわたやいそごろう)。創業から約280年、看板商品「七味唐からし」のブリキ缶パッケージは約90年前から変わらないという地元の大定番。

市内に沢山あるお蕎麦屋さんでも、この缶がおおよそ95%くらいの確率で卓上に置いてあります。

f:id:finir:20151127134858j:plain

そんな渋い名物の老舗とばかり思っていましたが、お店に入ってみるとインド感満載の「七味ガラム・マサラ」「七味マカロン」といった意外な商品も並んでいます。それらもいずれ挑戦してみようと思いつつ。この「どこでも七味」、色々な種類を試すのに良さそう!と購入しました。

 

店名ロゴが入った半透明のケースを、ぱかっと開けます。

f:id:finir:20151126223342j:plain

中身は、七味唐からし / 一味唐からし / ゆず七味 / バードアイ(一味の大辛) / 深煎七味 / 粉山椒。六種の小袋が五袋ずつ。0.2g入り、一袋でお蕎麦だと一〜二杯に使う分くらいの容量。

 

ミニチュア感も可愛らしいこのサイズは「ひとふり袋」という名称。ケース無しの詰め合わせを購入すれば、詰め替え用として補充もできます。

f:id:finir:20151126223343j:plain

帰省と旅行で人と会う予定が続いた際にいくつも買って持ち歩いたところ、これはつくづく手みやげ好適品…!良いところが沢山ありました。

  • かさばらない、軽い
  • 壊れにくい
  • 要冷蔵でもない
  • 個包装で香りや風味が飛びにくい(賞味期限は各々あります)

手みやげに使いやすいものといえばお菓子類ですが、かさばったり、割れたり崩れたりしないよう持ち歩きにもある程度注意が必要です。また調味料類はコンパクトですが、液体系や瓶入りだったりすると個数が増すほど重くなり、割れ物注意。

…といった懸念をクリアしてくれるのが凄いと思います。
品物自体が良いことは大前提ですが、複数買って持ち歩いてみることでわかる利点もあるのですね。

f:id:finir:20151127134859j:plain

袋を開けると、爽やかな柑橘と唐辛子の香り。この新鮮な香りをかぐと、香辛料にも鮮度があるんだなあ…と実感します。

プレゼントした相手からは「持ち歩いて麺類に」「うなぎに!」「鍋にいいよー」などの感想が。わたしも鍋にゆず七味、きんぴらごぼうに一味、お蕎麦に深煎七味など、合う組み合わせを少しずつ実践中。

 

取扱店は長野市内の二店舗と公式オンラインショップ。缶の七味はほとんどのお土産屋さんにありますが、それ以外は直営店のみの取扱商品も多いのでおすすめ。

※2016/10/28 追記
AKOMEYA TOKYO 銀座店で販売されているのを見かけました。「ゆず七味」「深煎七味」などの缶も。東京都内でお探しの方はぜひ。

shop.yawataya.co.jp

 

-----

以上、はてなブログ今週のお題「今年買って良かったモノ」で連想してみました。自分の今年一番大きな出来事が退職〜引越しだったので、この年ならではの買い物ログとなりました。