読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々えらぶもの

おもに実際にえらんだもの、触れたものについてあれこれ

皆で笑って分け合うもよし、ひとりじめもよし/PAUL の パルミエ

http://www.pasconet.co.jp/paul/

PAULは、主に関東と関西に展開しているフランス仕込みのパン屋さん。

私は学生の頃、西村しのぶさんの著書で知りました。

 

そこで買える、これが「パルミエ」。

f:id:finir:20131121161544j:plain

プレーンとチョコがけ(名称忘れました)の2種類あります。

350円/370円くらいだったかな。

f:id:finir:20131121161739j:plain

 

 

いわゆる源氏パイ的なルックスですが、源氏パイと並べてみると…

f:id:finir:20131121161822j:plain

どーん。

f:id:finir:20131121161920j:plain

源氏パイは2枚入り

パルミエは厚さ1cm近く。CDよりも大きくて、なかなか脅威のサイズ感です。

 

ひとりで食べようとすると、なにせ全部パイ生地なもので、胸焼け&ハイカロリーへの覚悟が必要。

私が買うときは、ゆるめな差し入れ / 仕事中のおやつ用に持っていって笑いを取りつつ

パキパキ割って何人かで食べることが多いです。

 

渋谷などにあるVIRONのパルミエも同様の大きさなので、元々このサイズがスタンダードなのかな?

パティシエの友人に訊いてみました。

 

・フランスでは、どこに言ってもあのサイズだったから、当たり前のように買ってた

・大きさの秘密は残念ながらわかりませんが、きっと、食いしん坊なフランス人の作るものなので、いっぱい食べたいからではないでしょうか

・パルミエはフランス語で『ヤシの木』なので、その大きさから?

とのこと。

 

ちなみに「源氏パイ」はパルミエをもとに作られたとの記載Wikipediaにあります。